出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]
  1. かたい物をたたく音、また、かたい物とかたい物とが触れ合う音を表す語。

    1. 「細い杖の先で合土 (たたき) の上を―叩いて」〈漱石虞美人草

  1. 時計が時を刻む音を表す語。かちかち。「時計がこちこち(と)秒を刻んでいた」

[形動]
  1. 物が干からびたり凍ったりして、ひどくかたくなったさま。「こちこちになった餅 (もち) 」

  1. 緊張して心のゆとりをなくすさま。「面接官の前であがってこちこちになる」

  1. 頑固で融通のきかないさま。「趣味のないこちこちな男」

    1. [アクセント]チコチ、はコチコチ

出典:青空文庫