出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形シク]

  1. 不作法であるさま。ぶしつけであるさま。

    1. 「旧 (ふる) 物語にかかづらひて、夜を明かし果てむも、―・しかるべければ」〈・橋姫〉

  1. 無骨であるさま。無風流であるさま。

    1. 「もとより―・しき人にて、かうやうのこと、さらに知らざりけり」〈土佐