出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ばくちで、なけなしの金をはたいて、のるかそるかの勝負をすること。

  1. 一か八 (ばち) かの勝負。危険を冒すたとえ。「孤注一擲 (いってき) 」