出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「骨張 (ほねば) る」の音読で、「頂」は当て字という》

  1. 程度がこれ以上ないこと。最高の段階。初め善悪いずれにも用いたが、現代は好ましくないことについていうのが普通。「愚の―」「やぼの―」

    1. 「仏門においては、祝ひの―なるべけれ」〈おらが春

  1. 意地を張ること。強く主張すること。

    1. 「その余党等、以ての外に―し、数通の起請文を書きて」〈折たく柴の記・中〉

  1. 強く言いたてる人。中心人物。張本人。

    1. 「智積、覚明、仏光等の―の輩六人」〈盛衰記・四〉

出典:青空文庫