こっ‐ぱ【木っ端】 の意味

  1. 用材を切り取ったあとに残る木のきれはし。木くず。
  1. 取るに足りない、つまらないもの。多く、他の語と複合して用いる。「木っ端武者」「木っ端役人」「木っ端仕事」
  • 名詞

こっ‐ぱ【木っ端】の慣用句

  1. 木っ端を拾うて材木を流す
    • 小事にこだわっていて大事に失敗することのたとえ。木っ端を集めて材木を流す。
  1. こっぱのひ【木っ端の火】
    • 《木の削りくずはすぐ燃え尽きてしまうところから》たよりないこと、たわいないことのたとえ。
  1. こっぱみじん【木っ端微塵】
    • 細かく粉々に砕け散ること。粉みじん。「ガラスが木っ端微塵に砕ける」