出典:デジタル大辞泉(小学館)

古代ギリシャ・ローマの作品を規範とし、理性・調和・形式美を追究する芸術思潮。文学では17、8世紀にフランスのラシーヌモリエール、ドイツのゲーテシラーらによって展開された。美術では、ルネサンス期や17世紀フランスの画家プーサンなど各時代にみられるが、ふつう18世紀後半から19世紀半ばにかけて興った新古典主義をさす。クラシシズム。→新古典主義