こてん‐らくご【古典落語】 の意味

  1. 主に江戸時代に作られ、現代まで伝えられている落語。「時そば」「寿限無」「目黒のさんま」など。⇔新作落語
  • 名詞