出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「事 (こと) 」と同語源》

  1. 口に出して言うこと。言葉。現代では多く複合語として用いられる。「泣き言 (ごと) 」「わび言 (ごと) 」「片言」「一言多い」

    1. 「旅といへば―にそ易き少なくも妹に恋ひつつ術 (すべ) なけなくに」〈・三七四三〉

    1. ㋐言葉で表現された事柄・内容。

      「たらちねの母の命 (みこと) の―にあらば年の緒長く頼み過ぎむや」〈・一七七四〉

    2. ㋑うわさ。評判。

      「心には忘るる日なく思へども人の―こそ繁き君にあれ」〈・六四七〉

    3. ㋒詩歌。特に、和歌。

      「この歌は、常にせぬ人の―なり」〈土佐

  1. 体系としての言語。

    1. 「唐 (もろこし) とこの国とは、―異なるものなれど」〈土佐