出典:デジタル大辞泉(小学館)

あの程度。あれくらい。あんなに。副詞的にも用いる。「彼程の人物はほかにいない」「彼程注意したのに言うことを聞かない」