出典:デジタル大辞泉(小学館)

古代の占いの一。琴を弾いて神霊を迎え、神がかりした人の口から出る託宣によって吉凶を占った。後世は、琴の代わりに琴板 (こといた) を笏 (しゃく) でたたいて占った。→琴板

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉