出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 事欠き1」に同じ。

    1. 「いかに―なればとて、いつの程よりかく物毎をさもしくなしぬ」〈浮・一代男・一〉

  1. 事欠き2」に同じ。

    1. 「これらは美児人 (びせうじん) のなき国の―、隠居の親仁の翫 (もてあそ) びのたぐひなるべし」〈浮・男色大鑑・一〉

出典:青空文庫