• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

こと‐かけ【事欠け】 の意味

  1. 事欠き1」に同じ。
    • 「いかに―なればとて、いつの程よりかく物毎をさもしくなしぬ」〈浮・一代男・一〉
  1. 事欠き2」に同じ。
    • 「これらは美児人 (びせうじん) のなき国の―、隠居の親仁の翫 (もてあそ) びのたぐひなるべし」〈浮・男色大鑑・一〉
  • 名詞
  • こと‐かけ【事欠け】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・――実は旅の事欠けに、半紙に不自由をしたので、帳場へ通じて取寄せようか、買いに遣ろうかとも思ったが、式のごとき大まかさの、のんびりさの旅館であるから、北国一の電話で、呼寄せていいつけて、買いに遣って取寄せる隙に、自分で買って来る方が手取早い・・・

      泉鏡花「みさごの鮨」