出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]
  1. 考えがあってわざとすること。また、そのさま。故意。「殊更な仕打ち」「殊更につらく当たる」

  1. 格別なさま。

    1. 「衆議判の時、よろしき由沙汰ありて、後にも―に感じ仰せ下されける由」〈徒然・一四〉

[副]
  1. わざわざ。「殊更行かなくても、ついでの時でよい」

  1. 特に際立って。とりわけ。格別。「今年の冬は殊更寒い」

出典:青空文庫