出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 和琴 (わごん) および箏 (そう) で、胴の上に立てて弦を支え、その位置によって音の高低を調節するもの。和琴では二股状のカエデの枝を切って逆さにして用い、箏では紅木・象牙や合成樹脂製のものを用いる。柱 (じ) 。

  1. 琴柱棒 (ことじぼう) 」の略。

  1. 紋所の名。1をかたどったもの。