出典:デジタル大辞泉(小学館)

御伽草子。2巻または3巻。著者未詳。一条兼良 (いちじょうかねら) の著ともいわれ、成立は応仁の乱以後とされる。祇園 (ぎおん) 林の鴉 (からす) と、糺 (ただす) の森の鷺 (さぎ) との合戦を擬人化して描いたもの。鴉鷺物語。鴉鷺記。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉