出典:デジタル大辞泉(小学館)

鎌倉時代のころに用いられた味噌の一。材料を5斗用いるところからついた名。大豆2斗・糠 (ぬか) 2斗・塩1斗、あるいは大豆・糠・麹 (こうじ) ・酒粕・塩を各1斗ずつで造ったという。