出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「事 (こと) 執り」の意からという》

  1. 一団の長。集団の統率者。特に、人・物などを宰領して輸送する者。その責任者。部領使 (ことりづかい) 。ぶりょう。

    1. 「粟田細目臣 (あはたのほそめのおみ) を前 (さき) の―とす」〈推古紀〉

  1. 奈良・平安時代、春宮坊 (とうぐうぼう) で、帯刀 (たちはき) の長 (おさ) に次ぐ職。左右の衛門尉 (えもんのじょう) が兼任。木鳥 (もくちょう) 。籠取り。