出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 部領 (ことり) 1」に同じ。

  1. 防人 (さきもり) の交替にあたり、東国の防人を筑紫まで引率する使い。防人部領使。

    1. 「防人―遠江国の史生 (ししゃう) 坂本朝臣人上」〈・四三二七・左注〉

  1. 相撲 (すまい) の節 (せち) に参加する力士を各国から都に召し出すための使い。相撲部領使。相撲使 (すまいのつかい) 。

    1. 「相撲の―によせ、謹みて片紙を付く」〈・八六四・題詞〉

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉