出典:デジタル大辞泉(小学館)

あたりまえの道理や程度を越える。常識を越える。

「なべて世の憂きはならひと思ひこし―・ぎて身を嘆くかな」〈新拾遺・雑中〉