出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ四]《「事割る」の意》物事の筋道をはっきりさせる。是非を判断する。
  • 「とりどりに―・りて、中の品にぞ置くべき」〈・帚木〉