出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 液体が空気を包んでできた小さい玉。あぶく。「―が立つ」

  1. 口の端に吹き出る唾液 (だえき) のあぶく。「―を吹く」「口角 (こうかく) ―を飛ばす」

  1. すぐ消えるところから、はかないことのたとえ。「多年の苦労も水の―となる」