出典:デジタル大辞泉(小学館)

仏語。世親の浄土論に説かれる、浄土に往生するための五つの修行。阿弥陀仏の像を礼拝 (らいはい) する礼拝門、阿弥陀仏の名をほめたたえる讃歎 (さんだん) 門、浄土に生まれたいと一心に願う作願門、浄土やその菩薩 (ぼさつ) の姿を観察する観察 (かんざつ) 門、自己の功徳を他の生あるものに施し、ともに成仏しようと願う回向 (えこう) 門の五つ。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉