出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「子の上 (かみ) 」の意から》

  1. 長男。

    1. 「―を箭田珠勝大兄 (やたのたまかつのおひね) の皇子と曰す」〈欽明紀〉

  1. 兄。または、姉。

    1. 「この男の―も衛府の督 (かみ) なりけり」〈伊勢・八七〉

  1. 年上の者。年長者。

    1. 「それが年は、われにこよなく―にぞおはせし」〈宇津保・蔵開中〉

  1. うじのかみ。氏の首長。

    1. 「諸氏の人等、各可 (よ) き―を定めて申し送れ」〈天武紀〉

  1. 多くの人の上に立つもの。かしら。

    1. 「その―と思へる上手ども」〈・若菜下〉