出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 好むこと。好きなものの傾向。嗜好。「好みのタイプ」「人によって好みが違う」「好みにあう」

  1. 特に望むこと。物を選ぶときの希望や注文。「いかようにもお好みに合わせます」

  1. 歌舞伎で、大道具・小道具・衣装などについて役者が特に工夫したり注文したりすること。

  1. (「…ごのみ」の形で)名詞の下に付いて、複合語をつくる。

    1. ㋐好きなものの傾向。「はで好み」

    2. ㋑ある時代、または、ある特定の人に好まれた様式。「元禄好み」「利休好み」