出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 六幅 (むの) の狩袴 (かりばかま) を裾短 (すそみじか) に仕立てたもの。

  1. 中世の武家の直垂 (ひたたれ) や素襖 (すおう) などに用い、上括 (しょうくく) りにするために、特に裾を短くして括り緒を入れた袴。