出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 足袋手甲脚絆 (きゃはん) ・袋物・書物の帙 (ちつ) などの合わせ目につけた爪形 (つめがた) の留め具。真鍮 (しんちゅう) ・角・象牙などで作る。

  1. 金属板で屋根を葺 (ふ) くとき、合わせ目となる一端を少し折り曲げて板をとめる部分。

[補説]「鞐」は国字。