出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 髪・襟などの後ろ姿を見るために、前に立てた鏡に映るように、後ろからもう1枚の鏡で映して見ること。また、その鏡。共鏡 (ともかがみ) 。

  1. 相手に調子を合わせること。おせじ。

    1. 「きつい―とは思へども、だまされて咲く室の梅さ」〈洒・四十八手〉

出典:青空文庫