出典:デジタル大辞泉(小学館)

漢詩で、平声 (ひょうしょう) の文字1字が前後を仄声 (そくせい) の文字に挟まれていること。韻律を重視する近体詩ではこれを避ける。

[文学/外国の文学]カテゴリの言葉