出典:デジタル大辞泉(小学館)

昔話の一。鬼の酒盛りに出会った爺 (じじい) が踊りの仲間入りをして喜ばれ、また来るようにとほおのこぶをとられる。これを聞いた隣の爺もこぶをとってもらおうと出掛けたが、踊りが下手でもう一つこぶをつけられたという話。宇治拾遺物語醒睡笑などにみえる。こぶとりじじい。