出典:デジタル大辞泉(小学館)

(梵)Dharmapāla》6世紀中ごろの南インドの僧。仏教を広めて多くの門下を教育。唯識 (ゆいしき) 十大論師 (ろんじ) の一人。著「成 (じょう) 唯識論」など。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉