出典:デジタル大辞泉(小学館)

桃山時代から江戸時代にかけて、日本から手本を送って朝鮮で焼かせた抹茶茶碗。狭義には釜山窯 (ふざんよう) で焼かれたものをいう。淡紅色の斑文 (はんもん) があるのが特色。御本手 (ごほんて) 。御本。