出典:デジタル大辞泉(小学館)

独楽 (こま) の古名。

「―にむらごの緒つけて、奉り給へりければ」〈大鏡・伊尹〉