• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あわづ〔あはづ〕【粟津】 の意味

  1. 滋賀県大津市南部の地名。古来、交通の要地。「逢わず」の意味を掛け、「粟津野」「粟津の原」などの形で歌に詠まれた。[歌枕]
    • 「関越えて―の森の会はずとも清水に見えし影を忘るな」〈後撰・恋四〉

あわづ〔あはづ〕【粟津】の慣用句

  1. あわづがはら【粟津原】
    • 大津市の琵琶湖に臨む松原。近江八景の一「粟津の晴嵐(せいらん)」は、晴天時に山風がここを吹き渡る光景をいった。木曽義仲討ち死にの地。
  • あわづ〔あはづ〕【粟津】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・脚気山中、かさ粟津の湯へ、七日湯治をしねえ事には半月十日寝られねえで、身体中掻毟って、目が引釣り上る若旦那でね。

      泉鏡花「みさごの鮨」

    • ・・・唐崎はあの辺かなど思えど身地を踏みし事なければ堅田も石山も粟津もすべて判らず。

      寺田寅彦「東上記」