出典:デジタル大辞泉(小学館)

Kemmuna》地中海中央部の島国、マルタ共和国の島。マルタ島ゴゾ島の間にある面積3.5平方キロメートルの小島。名称はかつて香辛料のクミンが栽培されたことにちなむ。中世に海賊の拠点になったほか、マルタ騎士団の猟場として利用された。属島のコミノット島との間の浅瀬はブルーラグーンとよばれる。