出典:デジタル大辞泉(小学館)

古代インドで用いられた学問の分類法。仏教では、仏教徒の学ぶ内 (ない) と、世俗一般の外 (げ) とに分ける。内の五明は、声明 (しょうみょう) (文法・文学)・工巧明 (くぎょうみょう) (工芸・技術・暦数)・医方明(医学)・因明(論理学)・内明(哲学・教義学)、外の五明は、ふつう、声明・工巧明・医方明・呪術明・符印明とする。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉