ごむけん‐ごう〔‐ゴフ〕【五無間業】 の意味

  1. 仏語。無間 (むけん) 地獄に落ちる5種の悪業。母を殺すこと、父を殺すこと、阿羅漢を殺すこと、僧の和合を破ること、仏身を傷つけることの五つ。五逆罪。