出典:デジタル大辞泉(小学館)

[枕]「泊瀬 (はつせ) 」にかかる。中世以後に、「こもりくの」が誤り伝えられたもの。
  • 「―泊瀬の山は色づきぬ」〈続古今・秋下〉