出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 悲しみや同情を一身に集める。「ここに哀れを止めしは」の形で説教節などに常套 (じょうとう) 句として用いられた。「―・めたのは帰らぬ飼い主を待つ犬の姿だった」

  1. 深い感動がいつまでも残る。

    1. 「秋の夜の深さ―・めけりよしのの月の明け方の空」〈新後撰・秋下〉

[補説]この句の場合、「止める」を「とめる」とは読まない。