出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 官庁の名や記章を記した提灯。官命に従事する者が夜間に携帯する。

  1. 江戸時代、捕り手が犯人を召し捕るときに用いた「御用」と書いた提灯。