出典:デジタル大辞泉(小学館)

雇用保険について定めた法律。労働者が失業した場合に支給される失業給付のほか、雇用の安定と就職の促進を図るために、教育訓練給付雇用継続給付などについて定める。雇用継続給付には、高年齢雇用継続給付育児休業給付介護休業給付がある。昭和22年(1947)制定の失業保険法に代わり、昭和49年(1974)制定、翌年施行。→失業保険