ご‐らん【御覧】 の意味

  1. 「見ること」の尊敬語。「ご覧のとおりです」
  1. 御覧なさい」の略。
  1. 御覧なさい1」に同じ。「ご覧、あの山を」
  1. (動詞の連用形に接続助詞「て」を添えた形に付いて、補助動詞的に用いる)「御覧なさい3」に同じ。「おいしいから食べてご覧」
  • 名詞

ご‐らん【御覧】の慣用句

  1. 御覧に入れる
    • 見せる」の謙譲語。見せる相手を敬っていう。お見せする。「ご満足の行く演技を―・れましょう」
  1. 御覧になる
    • 見る」の尊敬語。「展覧会を―・りましたか」
    • 動詞の連用形に助詞「て」の付いた形について、補助動詞的に用いる。「…てみる」の尊敬語。「ぜひ、試して―・るといいですよ」
  • ご‐らん【御覧】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ こう云って、一座を眺めながら、「何故かと申しますと、赤穂一藩に人も多い中で、御覧の通りここに居りまするものは、皆小身者ばかりでございます。

      芥川竜之介「或日の大石内蔵助」

    • ・・・ 御覧なさい私たちは見る見る沖の方へ沖の方へと流されているのです。

      有島武郎「溺れかけた兄妹」

    • ・・・ レリヤは別荘の方に向いて、「お母あさんも皆も来て御覧

      著:アンドレーエフレオニード・ニコラーエヴィチ 訳:森鴎外「犬」