出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《動詞「ごらんず」の未然形+尊敬の助動詞「らる」》「見る」の尊敬語。ご覧になる。
  • 「主上は御涙にくもりつつ、月の光もおぼろにぞ―◦られける」〈平家・六〉
[補説]古くは、受け身・可能・自発・尊敬の意を持っていたが、鎌倉時代以降、尊敬の用法に限られるようになった。