出典:デジタル大辞泉(小学館)

[代]

  1. 近称の指示代名詞。

    1. ㋐話し手が持っている物、または、話し手のそばにある物をさす。このもの。「―は父の形見の品です」「―を片付けてください」

    2. ㋑話し手が、いま話題にしたばかりの事物などをさす。このこと。このもの。「全世界の平和。―が私の切なる願いだ」

    3. ㋒話し手が当面している事柄をさす。このこと。「―を仕上げてから食事にしよう」「―は困ったことだ」

    4. ㋓話し手の現にいる場所をさす。ここ。「―へどうぞ」

    5. ㋔話し手が存在している時をさす。今。「―から出かけるところです」

    6. ㋕話し手のすぐそばにいる親しい人をさす。現代では多く、自分の身内をいう。「―が僕のフィアンセです」

    7. ㋖《漢文の「之」「是」などの訓読から》判断の対象を強調してさす。「…とは―いかに」「―すなわち」

  1. 一人称の人代名詞。話し手が自分自身をさす。わたし。

    1. 「―は河内の国交野郡 (かたのごほり) 、禁野の雉領にすまひする者でござある」〈虎清狂・禁野

出典:青空文庫