出典:デジタル大辞泉(小学館)

即自かつ対自。ヘーゲル弁証法で、事物の弁証法的発展の第三段階を示す用語。アンジッヒの段階から、他者との対立において自己を自覚するフュールジッヒの段階に発展し、さらにこの対立が統一されて一段高い状態に止揚された段階。→アンジッヒフュールジッヒ

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉