出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 目の前に示されている分量・程度。多く、その少ないことを強調していうのに用いる。こんな程度。これっぱかり。「―の金では足りない」

  1. このことだけ。このものだけ。これだけ。「―はお許しください」「―は差し上げるわけにはいかない」

  1. (「こればかりも」に打消しの語を伴い、副詞的に用いて)ほんの少しも。全く。これっぱかり。「―も疑わない」