出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 目の前に示されている程度。物事の程度を強調する気持ちを表すときにも用いる。副詞的にも用いる。この程度。これくらいまで。「―のことで驚くことはない」「―の人物はいない」「―つらいとは思わなかった」

  1. 物事を目の前の事に限定して言う。これだけ。

    1. 「―は出来ましたれど」〈伎・幼稚子敵討〉

  1. (「これほども」に打消しの語を伴って)ほんの少しも。こればかり。

    1. 「―も油断せず」〈浄・曽根崎