出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. あるきまった時期の前後を含めて大まかにさす語。時代。時分。ころおい。「子供の―」「その―、会社に戻っていた」「―は元禄一四年」

  1. しおどき。ころあい。ちょうどよい時。「―を見計らって話を切り出した」

  1. おおよその年齢。「年の―は四〇歳ほど」

  1. ある期間。

    1. 「敷島や大和にはあらぬ唐衣―も経ずしてあふよしもがな」〈古今・恋四〉

  1. 時節。季節。→ごろ(頃)

    1. 「―は正月……十一、二月、すべて折につけつつ、一とせながらをかし」〈・二〉

[用法]ころ・おり・際 (さい) 節 (せつ) ――「ころ」は幅のある、ある時を漠然と指す。「もう湯が沸くころだ」「若いころの思い出」は、「おり」「際」「節」では置き換えられない。◇「おり」は「ころ」よりも限定された、ある一つの時、機会を示す。「その後、彼に会うおりがなかなかない」など。また、「当地にお出かけのおりにはぜひお立ち寄りください」は、「出かける」が相手の主体的行動であるところから、「際」で置き換えられる。◇「際」は何かを行う時、何かを処理する時を、「おり」をさらに限定して示す。したがって明確な行動を示す場合が多い。「出かける際には鍵をかける」「この際、すべてをかたづけてしまおう」などに「おり」「ころ」は用いない。◇「節」は元来節季を表すので、時を細かく限定するよりも大まかに漠然とした期間を示す。比較的古風で、改まった言い方なので使われる場面も限られ、決まり文句が多い。「この節は物価が高くて困ります」「その節にはいろいろお世話になりました」「おめもじの節はよろしく」など。