出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ザ上一]《「ごろう(御覧)ず」(サ変)の上一段化》
  1. ごろうず1」に同じ。「細工は流流、仕上げを―・じろ」

    1. 「玄宗の此を―・じてなをなをひさうさしむたぞ」〈玉塵抄・二〇〉

  1. (補助動詞)「ごろうず2」に同じ。「だまされたと思って、食べて―・じろ」

    1. 「マア考えて―・じろ」〈二葉亭浮雲

    2. 「さて、まあ、あがって―・じませ」〈洒・月花余情〉
[補説]現代語では、多く命令形「ごろうじろ」が用いられる。