出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]

  1. ころころと回転しながら進む。ころげる。「一〇円玉が―・る」

  1. 立っていたものが倒れる。ころぶ。ころげる。「つまずいて―・る」

  1. からだを横にする。寝ころがる。「畳の上に―・って新聞を読む」

  1. (「ころがっている」の形で)

    1. ㋐無造作に、あるいは雑然と置かれたように物がある。「消しゴムや鉛筆が―・っている」

    2. ㋑どこでも見かける、珍しくもないものとして存在している。「うまい話はそう―・ってはいない」「その辺に―・っているものとはちょっと違う」

  1. 物事の成り行きが変わる。形勢が変化する。「どう―・っても損はない」

[可能]ころがれる