出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副](スル)
  1. 雷鳴のとどろき響く音、また、それに類する音を表す語。「雷がごろごろ鳴りだす」

  1. 大きくて重い物が、音を立ててゆっくり転がるさま。また、その音を表す語。「岩がごろごろ(と)転がり落ちる」

  1. 猫がのどを鳴らす声、また、そのような音を表す語。「腹が減ってごろごろいう」

  1. あちこちに物が雑然と転がっているさま。「石がごろごろしている川原」

  1. いくらでもあって、ありふれた存在であるさま。「世間にごろごろしている話」

  1. 何もしないで、暇をもてあましているさま。「一日じゅう家でごろごろしている」

  1. 目や腹の中に異物のあるさま。「目の中がごろごろして痛い」

[名]雷の幼児語。「ごろごろが来るよ」

出典:gooニュース

出典:青空文庫