出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動サ五(四)]

    1. ㋐他人や生き物の生命を絶つ。命を取る。「首を絞めて―・す」「虫も―・さぬ顔」

    2. ㋑自分ではどうすることもできないで、死に至らせる。死なせる。「惜しい人を―・したものだ」

    1. ㋐活動や動作をおさえとどめる。「息を―・して潜む」「感情を―・す」「声を―・して笑う」

    2. ㋑勢いを弱める。「球速を―・したカーブ」

  1. その人・物がもつ能力・素質・長所などを発揮できない状態にする。特性・持ち味などをだめにする。「せっかくの才能を―・してしまう」「濃い味付けで素材のうまみを―・している」

  1. 相手を悩殺する。惑わせる。「男を―・すまなざし」

  1. 競技やゲームなどで、何かの方法によって相手方が活動できないようにする。

    1. ㋐野球で、アウトにする。「牽制球で走者を―・す」

    2. ㋑相撲で、相手の差し手をつかみ、または押しつけて動きを封じてしまう。

    3. ㋒囲碁で、相手の石を攻めて、目が二つ以上できない状態にする。「端の石を―・す」

  1. 動詞の連用形に付いて、いやになるほどその動作をする意を表す。「ほめ―・す」

  1. 質に入れる。

    1. 「脇差曲げ、夜着を―・して」〈黄・金銀先生再寝夢〉

[可能]ころせる